ごあいさつ

スポーツの世界においては「休養」はパフォーマンスを向上させるための重要な要素であることが近年少しずつ知られるようになり、多くの一流アスリートが新たなトレーニングとして休養に前向きに取り組んでいます。
それは疲れたのでただ寝るという従来の受動的な休養ではなく、回復を目的とした積極的な休養=「リカバリー」への取り組みです。
このリカバリーの考え方は、アスリートのみならず多くの忙しい現代人にもとても必要なことではないでしょうか。

IT技術の発達で便利になり、1日に処理している情報量は格段に増えました。
交通手段の発達で便利になり、1日に移動している距離は格段に伸びました。
これからも我々の生活はますます便利になり、そしてますます忙しくなっていくことでしょう。
人間は機械ではありませんので、アクティブな生活を続けるためには、それに見合ったリカバリーが必要です。しかしながら一般的にリカバリーの大切さはまだまだ認知されておりません。

当協会では、広く一般にリカバリーについての正しい知識の啓蒙を行うことを活動の軸とし活動してまいります。
皆様が健康的で生き生きとした毎日を送られることを願いご挨拶とさせて頂きます。

日本リカバリー協会理事長 中村太一

目指すこと

『とても疲れてしまったので明日会社を休ませて頂けませんか?』

こんな相談を部下が上司にしたら何と言われるでしょうか?
今でしたら「怠けるな!気合いが足りないんだよ!」と怒鳴られるかもしれませんね。

当協会ではリカバリーに対する正しい知識の啓蒙を通じて、これからの時代のスタンダードを作っていきたいと考えています。

部下「とても疲れてしまったので明日休ませて頂けませんか」
上司「OK。リカバリーは重要だからな。しっかり休め。」

こんな会話が一般的になり、疲れで悩む人がいない時代。それが我々の目指す未来です。

事業内容

リカバリーの為の研究斡旋/リカバリーに関する情報の収集および提供/資格認定事業/指導者育成事業/イベントや講習会などを通しての健康推進事業/講習ならび講師派遣/リカバリーアイテム、健康関連商品の企画、製造、販売

ニュース

一般社団法人日本リカバリー協会を設立!

2015年7月、一般社団法人日本リカバリー協会を設立いたしました。「積極的休養」の考え方を広く普及し、健康に関連する産業の発展に努めていきます。今後は、内容の充実を図りながら普及活動を進めていきますのでご期待ください。

「休むコト。」創刊号発刊!

一般社団法人日本リカバリー協会から「休むコト」を発刊いたしました。今後も、休養(休むこと)にまつわる情報と心と体に良い休み方のコツをお届けまいります。

「休養」の勉強会開催!

一般社団法人日本リカバリー協会では、リカバリーアドバイザーによる教養についての勉強会を開催しております。今後は、詳細についてホームページ等でお知らせいたします。

ニッポンのリカバリー応援マガジン 休むコト。

vol.01

「休むコト。」vol.1では、自律神経を整える「眠り方」と「食べ方」について特集しています。右のボタンからダウンロードしていただけます。

休むコト。表紙画像
DOWNLOAD

応援企業

日本リカバリー協会では、趣旨に賛同していただける企業・団体を募集しています。

お問い合わせはこちらから

PAGE TOP